WordPressテーマ「何を使っているか」を調べる方法大全

色々なサイトを見ていて、「このサイト、素敵だな」って思うことがあります。

「このサイト、何でつくっているのかな?」
「もしWordPress なら、テーマに何を使っているのかな?」
ついつい知りたくなってしまいます。

この記事では、ある特定のサイトが
・WordPressを使っているか
・WordPressを使っているとしたら、テーマは何?

という点について調べる方法を3つご紹介します。

目次

WEBサービスを使う方法

対象のサイトのURLをコピペしてボタンを押すだけで、
WordPressを使っているかどうか、WordPress のテーマは何かを
知ることができるサービスがあります。

What WordPress Theme Is That?

個人的には一番好きなUIです。
URLを入力してボタンを押すだけで、テーマやプラグインがわかります。

What WordPress Theme Is That?

以下の画像は、当サイト例に調査してみた結果です。

テーマは、「SWELL」の子テーマを使用。
「Descreption」欄は、文字化けしています。

プラグインは、「Contact Form7」だけしか出てきませんが、実際にはもっと使っています。
全てが出てくるわけではない点に気をつけましょう。

WordPress Theme Detector

こちらも、URLを入力してボタンを押すだけで調べることができます。

WordPress Theme Detector – Free online tool to find a site´s theme

さきにご紹介したサービスよりも、プラグインの数は多く見つかります。
が、全てのプラグインを調べられるわけではないのでご注意ください。

IsItWP

そもそも、指定したサイトがWordpressを使っているのか、ということから調べられるサービスです。

WordPressはインターネット上のすべてのサイトの40%で使われていますので、それっぽいサイトを調べると、たいていはWordPressです。

IsItWPでは、他にも、サーバの情報、WordPressのテーマ、使っているプラグインなどがわかります。

IsItWP – Free WordPress Theme Detector

ただ、私のサイトの例で見てみると、サーバはunknownですし、プラグインは1つも見つけられませんでした。

Google Chrome拡張機能を使う方法

Googleのブラウザ「Chrome」を使われている場合は、
拡張機能を使うという方法もあります。

WPSNIFFER – WordPress Themes Sniffer – Chrome ウェブストア

拡張機能をインストールして、該当のページで調べると、テーマだけ教えてくれます。
とてもシンプルです。

こんな感じ▼

なお、拡張機能をインストールしたら、次の画像のように、プライバシー保護を高める設定をしておく方がセキュアな感じがします。

ぜひ、「サイトデータの読み取りと変更」⇒「拡張機能をクリックしたとき」にチェックを入れておきましょう。
(なお、拡張機能の中には、この設定を無視するものもあるらしいです)

ページの「ソース」を見る方法

WEB制作の技術やHTMLコードを読む力のある方なら、ページの「ソース」を見る方法もあります。

ソースを見る方法は、
ブラウザ「Chrome」なら、
右クリックから「ページのソースを表示」を選択。
または、ショートカットキーで「Ctrl + U」(Windowsの場合)

Microsoft 「Edge」なら、
右クリックから「ページのソース表示」を選択。
または、ショートカットキーで「Ctrl + U」(Windowsの場合)

「Firefox」なら、
右クリックから「ページのソースを表示」を選択。
または、ショートカットキーで「Ctrl + U」(Windowsの場合)

ソースの中で、「wp-content/themes/」に続く表記を見るとわかります。
たとえば、このサイトの場合は、wp-content/themes/の次に、
「SWELL」という表示が見えます。

Windowsの場合は、「Ctrl + F」で「wp-content/themes/」を検索すると
見つけやすいと思います。

なお、対象のページが右クリック禁止になっている場合は、
ブラウザのアドレスバーに以下の内容を入力して「Enter」を押すと、ソースを見ることができます。

「view-source:調べたいウェブサイトのURL」+ Enter

さいごに(オススメの方法)

以上、大きく3つの方法をご紹介しました。

オススメなのは、やっぱり一番最初にご紹介している「WEBサービス」で調べることかなと思います。

実はこの記事は、「WEBサービス」をブックマークをしておいてもよく忘れるので、私自身が保存版として残しておきたかったものです。

無料で使えますので、あなたも気兼ねなく活用し、いろいろなサイトを丸裸にしていってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOPへ
目次
閉じる